通院中の必要な知識

通院の間隔を空けないでください

通院の間隔が10日以上、空いてしまうと治療の効果が落ちてしまいます。また、保険会社からケガが治ったと判断されてしまい、その後の接骨院や病院での治療を続けられなくなってしまうおそれや、治療の打ち切りにあってしまう可能性が高くなってきます。慰謝料などの賠償金もその時点までのものしか受け取れなくなってしまうおそれもあります。痛みがあるうちは、10日以上間隔を空けないでください。

2日に1回の通院と,1週間に1回の通院では,やはり3ヶ月後、6か月後のお体の状態は格段に違ってきます。一定のペースで接骨院に通うことは、ケガの早期回復につながります。

通院間隔に注意しながら接骨院で十分な施術を受けてください。

交通事故の痛み・症状には波があります

交通事故によるケガは,通院後しばらくすると痛み・しびれなどの症状がなくなったり,数日から数週間後に、また痛みが出てくることがよくあります。症状が出たり、なくなったりを繰り返すことがあります。
この一時的な症状がなくなったタイミングで、安心して施術をやめてしまうと,根本治療が難しくなってしまいます。
治療の打ち切り後や示談終了後に「首に違和感が出てきた」「肩こりがつらい」「頭痛・上半身の重量感」など不調を訴える場合がありますので、治療を終了する際は注意が必要です。
将来、後悔しないために,交通事故のケガを根本から治した後、通院を終えることをおすすめします。

当接骨院では患者様の話をよく聞き、お体の状態を検査し、医師とも連携しながら、適切に治療終了の判断をしています。

受付・施術時間

 
午前 -
午後 --

【平日】
午前9:00~12:00
午後15:00~20:00
★19:00~20:00は事前予約の交通事故施術のみ受付

【土曜】
午前9:00~12:00

【休診日】
日曜・祝日・土曜午後

所在地

〒443-0048
愛知県蒲郡市
緑町25-4
・蒲郡駅より徒歩15分
・23号バイパス蒲郡西インターから車で3分

0533-68-8891

受付時間・地図・お問合せ

接骨院に通っている際に必要な情報

コチラでは接骨院・病院に交通事故のケガで通っている際に必要な情報をお伝えしています。①接骨院・整骨院で通っている間隔を空けてはいけません。具体的には10日以上です②接骨院に通いながら、定期的に整形外科などの医師の適切な診断を受けることが重要です。定期的に医師の診断を受けていないと、治療費が認められなかったり、治療費の早期打ち切りに遭遇することがあります。また、交通事故では示談交渉の際に、後遺障害認定の際に医師の診断は重要になってきます。よって接骨院に通いながら、定期的(月に1~2回)に病院を受診してください③損害保険会社の担当者などに誤解を与えないように注意してください。医師や保険会社とのやり取りには十分な注意が必要です。まだ、症状が残っているにもかかわらず、単純に「良くなりました」と伝えてしまうと、書面上は交通事故のケガが「良くなった」=「治った」と誤解されてしまうことになり、施術の早期打ち切りにつながってしまいます。当接骨院では施術だけではなく、患者様が十分な治療を受けられるように、様々な情報を提供しております。

お役立ちリンク

PageTop