示談をする際のポイント

文責:えのもと接骨院長 榎本 裕志

最終更新日:2020年10月27日

示談とは?

交通事故の被害者(患者様)と加害者(相手側保険会社)が話し合いによって、慰謝料などの金額を決めることです。一般的には、最初に「物損」について示談し、車や持ち回り品の損害額を決めます。物損の過失の有無や割合が、後のケガの示談交渉にも影響するので注意が必要です

示談の金額について

交通事故の示談金額の相場にはとても大きな幅があります。よって、話し合いによって慰謝料などの金額を決めることになります。裁判所の基準や弁護士の基準と比較すると、保険会社が提示する金額は低い傾向にあります。交通事故のむちうちなどの場合、通院慰謝料相場(通院期間1ヶ月:19万円程度 3ヶ月:53万円程度 6ヶ月:89万円程度)より低いことがよくあります。示談書に印鑑を押した後は、保険会社と交渉できなくなってしまいますので、慎重な対応が大切です。

保険会社の対応でお困りの際はえのもと接骨院にご相談ください

主婦の方が家事ができなかったら?

主婦の方は交通事故が原因で家事ができなかった場合、1日当たり約1万円の賠償を受けられます。また、パートをしていても、同じように休業損害を受けられます。主婦の方は示談書の休業損害の欄の金額が適正であるか確認することが重要です。

受付・施術時間

 
午前 -
午後 --

【平日】
午前9:00~12:00
午後15:00~20:00
★19:00~20:00は事前予約の交通事故施術のみ受付

【土曜】
午前9:00~12:00

【休診日】
日曜・祝日・土曜午後

所在地

〒443-0048
愛知県蒲郡市
緑町25-4
・蒲郡駅より徒歩18分
・23号バイパス蒲郡西インターから車で3分

0533-68-8891

受付時間・地図・お問合せ

示談について知っておくべきことをまとめました

こちらのページではえのもと接骨院が示談をする際に、大切と考えている事をまてめています。物損についての示談金額、過失の有無や割合など示談の内容が適切であるかについては、物損の損害額の算定や過失割合の考え方、裁判所などの情報が必要です。また、新車の場合や高級車の場合などには、完全に修理されたとしても、評価損、売却価格の低下が生じた事による損害賠償を請求できる事もあります。物損の示談は交通事故後の早い段階から進む事がありますので、早めに接骨院の先生や弁護士に相談する事をおすすめします。弁護士に相談する場合は、直接事務所に出向く必要はありません。電話・FAX・メール・郵送などでやり取りができます。当接骨院に相談する場合は☎0533-68-8891 えのもと接骨院 緑町25-4

PageTop